2013年10月31日木曜日

石破氏、ポスト安倍狙う“秘策” 党総裁選改革案は「ゲルマンダー」―【私の論評】安部総裁の本来の勝負は平成15年の自民党総裁選!ここで石破総裁が誕生すれば「戦後体制からの脱却」は遠のき、失われた40年が始まる!(◎_◎;)

石破氏、ポスト安倍狙う“秘策” 党総裁選改革案は「ゲルマンダー」
2013.10.31
虎視眈々と自民党総裁の椅子をうかがう石破幹事長
自民党総裁選の地方票を増やす改革案が波紋を広げている。同案が、地方人気が高い石破茂幹事長の意向を受けているため、2015年の次期総裁選で「ポスト安倍」を狙う“秘策”との見方が浮上したのだ。特定の候補や政党に有利な選挙区の区割りは「ゲリマンダー」と呼ばれるが、「ゲル」の愛称で親しまれる石破氏の「ゲルマンダー」は成功するのか。

石破執行部は党総裁公選規定を改正し、現行300の地方票を党所属の国会議員数(現在408)と同数程度に増やす計画。これまで地方票は、都道府県連にあらかじめ3票ずつ割り振り、残り159票を党員・党友数に応じて配分していたが、改革案では事前に割り振る票を1にして残りを比例配分する。

石破氏は昨年9月の総裁選の地方票ではトップだったが、過半数に届かず、決選投票で国会議員票が集まらず、安倍晋三首相に敗北した。仮に、昨年の地方票を408として、実際の獲得票をもとに比例配分すると、1回目の投票で石破氏は224、安倍氏は118を獲得することになる。

安倍首相が留守の党本部で党務を預かる幹事長とはいえ、石破氏は「ポスト安倍」の最右翼。今回の改革案について、政治評論家の浅川忠博氏は「石破氏個人を有利にするための改革といわれても仕方がない」といい、こう続ける。

「長期政権をうかがう安倍首相を牽制するとともに、『地方重視』という姿勢を示して、地方人気を盤石にする狙いではないか」

前回自民党総裁選
確かに、前回総裁選で200人だった党所属の国会議員は408人まで倍増したが、地方票は計300のままで、地方軽視との批判が出ていた。石破執行部は今後、党政治制度改革実行本部で規定を見直し、来年1月の党大会で決定する方針。

安倍首相を支持する議員や、石破氏と距離があるベテラン議員を中心に党内の反発は必至だが、浅川氏は「改革案が『地方重視』という錦の御旗を掲げているだけに、反対すれば地方から批判を浴びる可能性がある。(ゲルマンダーは)実に巧妙だ」とうなる。

石破氏は「脱派閥」を掲げながらも、自身の基盤固めに余念がない。今月1日には、自身が主宰する派閥横断の勉強会「さわらび会」での講演に所属議員96人を集めた。次期総裁選に向けた環境整備は着々と進んでいるといえそうだが…。

■ゲル ネット上で多用される自民党の石破茂幹事長の愛称。防衛庁長官時代は「ゲル長官」などと呼ばれた。パソコン上で「いしばしげるちょうかん」と打ち込むと、「石橋ゲル長官」と誤変換されたことが始まりとされる。

■ゲリマンダー 選挙区の区割りを特定の政党や候補者に有利になるよう操作すること。1812年に米マサチューセッツ州のエルブリッジ・ゲリー知事が、自身が所属する民主共和党に有利な区割りを行った。この選挙区地図が空想上の怪物・サラマンダーに似ていることから、ゲリー氏の名前をもじって「ゲリマンダー」と名付けられた。日本では1955年に当時の鳩山一郎首相が自民党に有利な区割りを画策し、「ハトマンダー」と批判を浴びて関連法案は廃案となった。

【私の論評】安部総裁の本来の勝負は平成15年の自民党総裁選!ここで石破総裁が誕生すれば「戦後体制からの脱却」は遠のき、失われた40年が始まる!(◎_◎;)

とうとうゲル長官が動き出したようです。自民党内部は、安部総理の敵がまだまだ多いです。その最大の人がやはり、石破茂幹事長です。石原伸晃氏は、あのファンタジスタ的行為がまだ尾を引いていて、おそらく、次の総裁選では、それほどの敵にはならないと考えられます。

石破茂氏は、総裁選での安部総理の最大の敵ですが、われわれ国民にとっても、最大の敵かもしれません。少なくとも、彼だけは、総理大臣はおろか防衛大臣にしてもいけない人物だと思います。いや、本来は、国会議員だってまともな国だったらなれないかもしれません。

その根拠を以下にあげます。その根拠というのは、石破茂氏の歴史観です。石破氏が防衛大臣だったときに、自らの歴史観を披瀝したことがあります。

この歴史観について、雑誌「2008年WILL6月号」で渡部昇一氏が石破大臣を国賊だと批判していました。

石破氏の中国の新聞に載せられたインタビュー記事は衝撃的であり、この件について当時政府が何も動かなかったことも驚愕です。中国の情報工作はますます進み、当時の石破大臣も篭絡されたのではないでしょうか?だとすれば、末恐ろしいことです。

以下にこの渡辺昇一氏の記事の一部を引用します。

渡辺昇一氏
石破大臣の国賊行為を叱る
渡部昇一

中国共産党の新聞「世界新聞報」(1/29)に駐日記者が石破茂防衛大臣の執務室でインタビューした記事を載せた。 
【石破防衛相の発言】 
●私は防衛庁長官時代にも靖国神社を参拝したことがない。第二次大戦の時に日本の戦争指導者たちは、何も知らない国民を戦線に駆り出し、間違った戦争をした。だから私は靖国神社に参拝しない、あの戦争は間違いだ、多くの国民は被害者だ。 
●日本には南京大虐殺を否定する人がいる。30万人も殺されていないから南京大虐殺そのものが存在しないという。何人が死んだかと大虐殺があったかは別問題だ 
●日本には慰安婦についていろいろな見解があるが、日本軍が関与していたことは間違いない。 
●日本人が大東亜共栄圏の建設を主張したことは、侵略戦争に対する一種の詭弁だ。 
●(中国は日本に対する脅威であるから対中防衛を強化せよという人たちは)何の分析もしないで、中国は日本に対する脅威だと騒いでいる。 
●日本は中国に謝罪するべきだ。
これではまるで稚拙なサヨク学生の言い草ではないか。ギルト・インフォメーションに基づく戦後自虐教育の落とし子そのものである。 
これが事実だとすれば石破茂防衛大臣に対する認識を改めねばならない。 
「WILL」編集部が石破茂防衛大臣に確認したところ、事務所から次の回答が来たという。
問 1月29日付け「世界新聞報」に石破防衛大臣の執務室での独占取材内容が掲載されているが、この取材は実際に受けたものか。 
答 実際に受けたものです。 
問 いつの時点で取材を受けたのか。 
答 平成19年11月21日(水)に取材受けいたしました。 
問 掲載された内容は、石破防衛大臣が話した事実に即しているのか。 
答 インタビューを先方が記事にまとめたものですので、事実に即していないと言うほどではありませんが、事実そのままでもありません。 
問 記事が事実に即していない場合、それに対してなんらかの対処をされたか。 
答 前の答えの通り、どのマスメディアでも発言を加工することはありますので、特別対処というほどのことはしておりません。 
いやはや、恬として恥じない石破氏はアッパレ! 
しかし、この大臣の下で働く自衛隊のみなさんの心情を考えると哀れである。 
その著書「国防」を当ブログでも紹介し、軍隊でないために行動基準がネガティブリストではないこと、軍法会議がないこと、NTP体制は「核のアパルトヘイト」だという発言を好意的に取り上げたが、所詮は単なる「軍事オタク」で国家観も歴史観も持ち合わせていないことが判明した。 
ブッシュ(父)大統領がハワイ在住の日系人の式典で「原爆投下を後悔していない
(I am not sorry)」と発言したことについて、渡部氏はいう。 
「他国に簡単に謝罪するような人間は、大統領はおろか、閣僚にも絶対になれません。それが諸外国では当たり前です」 
野党首相の村山富市は言うに及ばず、宮澤喜一、河野洋平、加藤紘一その他の謝罪外交を繰り返した政治家たちは「当たり前」ではないのである。 
石破茂防衛大臣もその一人として辞任を要求する。
それにしても、石破茂という人物は、とてもじゃないですが、安部政権の幹事長にはふさわしくない人物であることは、はっきりしています。そもそも、歴史観が駄目ですし、それに、今回増税を当たり前のど真ん中かと思っていることから、マクロ経済学も他の自民党の政治家と同レベルの低水準です。しかし、このような人物を幹事長にせざるを得ない安部総理の自民党内部での孤立無援の状況が良く理解できます。

中川昭一、中川氏が亡くなったこと、今になってその重大さが理解できる!!
もし、中川昭一氏が生きていたらと思い、本当に忸怩たる気持です。もし、中川氏が生きておられて、幹事長などの要職を勤めておられたら、安部総理はどんなに心強く、安心して国政にあたることができたでしょうか。ひよっとしたら来年4月の増税も見送くることができたかもしれません。

しかし、今の自民党、安部総理の権力掌握はまだまだです。何しろ、石破氏を幹事長にせざるを得ないというのが、痛いです。もし、次の総裁選で石破総裁が誕生したとすれば、石破氏の歴史観からして、「戦後体制から脱却」は遠のき、それに、増税に関してもまったくぶれないで、躊躇なく増税を決定するでしょうから、平成15年度の増税は間違いなく実行されて、日本は失われた20年から脱却どころか、失われた40年に突き進むことになるでしょう。

安部総理の現在の一番の味方は、世論です。今回の増税決定などで、安部総理を批判しても、せんないことです。そんなことよりも、今のままの自民党では、「戦後体制からの脱却」は遠のくばかりです。平成15年には、安部総理が自民党内部の権力掌握ができて、後顧の憂いなきように、「戦後体制からの脱却」に邁進できるように、私たちが、側面攻撃を徹底的に行い、支援していく必要があります。より多くの人たちがSNSなどで側面から支援すれば、その数が膨大であれば、故中川一郎氏と同程度の支援ができるかもしれません。

私は、そう思います。皆さんは、どう思われますか?

【関連記事】

【「お金」は知っている】 金融バブル崩壊不安の中国を利する日米政策 アベノミクスの円安効果は目障り―【私の論評】増税しても、デフレが多少長引いたとしても、いかれ中韓をはじめとする諸外国を利せず、日本国民をいたぶるな!!安倍総理の本当の勝負は、平成15年9月の総裁選だ\(◎o◎)/!

村山富市元首相が人民日報に寄稿、「現行の日本国憲法の改変は絶対に許してはならない」―中国―【私の論評】いまさら、いかれ妄想変態老人の論評をわざわざ掲載する、日に日に孤立感をたかめつつある中国の憔悴度合いΣ(・□・;)

元慰安婦報告書、ずさん調査浮き彫り 慰安所ない場所で「働いた」など証言曖昧 河野談話の根拠崩れる―【私の論評】こんなずさんな調査で、談話を発表されたのではたまったものではない!ずうずうしい韓国の反日は、自ら招いた面も否めない!今こそ、歴史的事実をもとに反論すべきとき!

慰安婦問題の「主犯」は福島瑞穂弁護士―【私の論評】まずは、日本の悪人を始末しないことには慰安婦問題は解決しないし、「戦後体制からの脱却」は難しい(゚д゚)!

【高木桂一の『ここだけ』の話】国賊か!? 「赤旗」で“日本叩き”に加勢の自民党元重鎮―【私の論評】とうとう出た真性偽装転向コミンテルン!!

【主張】尖閣棚上げ論 中国の宣伝戦に手貸すな - MSN産経ニュース―【私の論評】売国奴は、もしこれから尖閣に中国人が一人でも上陸したら、外患誘致罪でしょっぴいて、最期のときを監獄ですごさせるべき(゚д゚)!

「中国の手先」を駆逐せよ 宮嶋茂樹―【私の論評】自民党議員リストから国壊議員を探し、次の選挙では落選させよう!!


【関連図書】

日本を嵌める人々 わが国の再生を阻む虚偽の言説を撃つ
渡部 昇一 潮 匡人 八木  秀次
PHP研究所
売り上げランキング: 51,974


日本が戦ってくれて感謝しています アジアが賞賛する日本とあの戦争
井上和彦
産経新聞出版
売り上げランキング: 77


決定版・日本史
決定版・日本史
posted with amazlet at 13.11.01
扶桑社 (2012-09-01)
売り上げランキング: 1,954



2013年10月30日水曜日

くまモンとのご対面は皇后陛下のご所望で実現した!?―【私の論評】熊本県と熊本県民の皆様GJ(グッド・ジョブ)!皇后陛下の喜びは天皇陛下の喜びでもある、そうしてそれは私たち国民の喜びでもある\(◎o◎)/!

くまモンとのご対面は皇后陛下のご所望で実現した!?



28日、熊本県のマスコットキャラクター・くまモンが、ご来熊中の天皇皇后両陛下と対面し、キレキレの“天覧ダンス”を披露した。ゆるキャラの着ぐるみが両陛下と間近で触れ合い、お言葉までかけていただいたという画期的なこの出来事、実は皇后陛下からの強いご要望があって実現したらしい。

皇室動向もしばしば取り上げているジャーナリストの勝谷誠彦氏が、28日に出演したニッポン放送『ザ・ボイス そこまで言うか!』の中で「熊本県の幹部」から聞いた裏話として明かしたところによると、皇后陛下は前々からくまモンにご執心だったそうだ。身辺警護を務める警察は当初、警備上の問題から着ぐるみとのご対面には難色を示したのだが、皇后陛下がご来熊を前に「くまモンには会えるのかしら?」と楽しみにしていることを伝え聞いた現場が奔走した結果、このご対面が実現したとのこと。くまモンピンバッジまで付けて楽しそうにご覧になっていた美智子様の表情からすると、実は本当にファンなのかもしれない。

ところで、宮内庁と警察庁にとっての「許されるライン」がどこまでなのかはよくわからないが、今後もし、皇后陛下がふなっしーとの対面をご所望されても、それだけはなんとしても回避していただきたい。いや、なんとなく、アイツだけは。

【私の論評】熊本県と熊本県民の皆様GJ(グッド・ジョブ)!皇后陛下の喜びは天皇陛下の喜びでもある、そうしてそれは私たち国民の喜びでもある\(◎o◎)/!

昨日も皇室のお話を掲載したのですが、本日も皇室のお話です。というより、前回が第一回で、本日はその続きの第二回目という感じになるかもしれません。

昨日のお話は、天皇皇后両陛下が熊本県水俣市において、水俣病患者らとの懇談会に関するものでした。本日は、熊本県のマスコットキャラクター・くまモンが、ご来熊中の天皇皇后両陛下とご対面した話題です。

いかに、いくつかのニュースから、この内容をさらにまとめておきます。
熊本県に滞在中の天皇、皇后両陛下は10月28日、熊本県庁を訪れ、同県のゆるキャラ「くまモン」の展示を見学されました。蒲島郁夫知事らと出迎えたくまモンは激しい動きの「くまモン」体操を披露。皇后さまは「ありがとう、くまモンさん」と笑顔を浮かべてねぎらわれておられました。
時事ドットコムなどによると、蒲島知事がくまモンの国内外での様々な活躍をパネルで説明すると、両陛下から、くまモンへねぎらいの言葉がかけられた。皇后さまから「くまモンはお一人なの」という質問もあったといいます。 
蒲島郁夫知事がパネルでくまモンの海外での活躍などを紹介。説明が終わると、皇后さまは横にいたくまモンに「ありがとう、くまモンさん」、天皇陛下も「ご苦労さま」と話し掛けられました。  
(時事ドットコム「両陛下、くまモンに笑顔=熊本城も視察」 2013/10/28 12:23)
蒲島知事が国内外の各地で活躍するくまモンの活動をパネルなどで紹介すると、皇后さまは「くまモンはお一人なの」と質問。知事は「子どもの夢を壊さないため、くまモンはくまモンです」と苦笑いしながら答えた。 
(47NEWS 「くまモンが両陛下を出迎え 熊本県庁で体操も披露」2013/10/28 12:47) 
皇后さまは帰り際、天皇陛下に「かわいい」と話し掛られていたという。 
くまモンは「今までで一番緊張したモン」とコメントしました。

上の記事にもあったように、このご対面が実現した背景について、勝谷誠彦氏が、28日に出演したニッポン放送『ザ・ボイス そこまで言うか!』で語っていますので、その内容が掲載されたニコ動のURLを以下に掲載します。

このニコ動長いですが、最初から29分あたりのところで、天皇皇后両陛下の熊本訪問で、水俣病患者らとの懇談会について語られています。昨日も掲載したように、勝谷さんも、陛下のお言葉を非情に重く受け止めています。是非お聞きになって下さい。「くまモン」関しては、37分ぐらいのところで話しています。こちらも是非お聞きになって下さい。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm22138039


本当に微笑ましいことだったと思います。それにしても、皇后陛下の「くまモン」には会えるのかしらという一声で、これが実現したということで。皇后陛下も本当にお喜びになっと思いす。そうして、皇后陛下の喜びは、天皇陛下の喜びでもあります。

そうして、天皇皇后両陛下のお喜びは、当日これを実現するために奔走した、熊本県の皆様の喜びであり、熊本県民の皆様の喜びでもあります。そうして、それを聴いて嬉しい気持ちなった、私たち日本国全員の喜びでもあります。天皇皇后両陛下は、東日本震災からこの方、被災地を何回にもわたって訪問されたり、その他の地方にも僥倖され、日々ご多忙でした。

そんな両陛下に今回は、粋なはからいで、くまモンさんが、両陛下にご対面です。本当に、熊本県と熊本県民の皆様GJ(グッドジョブ)\(◎o◎)/!と讃えたいです。

それから、下に美人時計の熊本版の写真を掲載しておきます。この美人時計を見ても、分かる通り、熊本には美人が多いそうです。



熊本県は、地震が少ないですし、適度に雪も降ります。九州にしては暑く無く、阿蘇は冷涼、、駅も立派、人口もそれなりに居ていいところです。

阿蘇山

福岡みたいに物騒な感じもしないですし、災害などもあまり無さそうで非情に良いです。

前から、熊本は好きだったのですが、上の件でますます、熊本が大好きになりました。何といっても、北海道よりは、暖かい気候が本当に魅力です。

2008年東レ水着キャンペーンガール中別府葵さんは、熊本県出身 

食べ物も美味しいものがたくさんあります。以下に掲載します。

馬刺し


高菜めし

だご汁(すいとんみたいなもの)


肥後牛

からし蓮根

泰平燕(タイピーエン・春雨スープみたいなもの)


一文字のぐるぐる(わけぎのぬたみたいなもの)


あとは、阿蘇の牛の乳製品



いきなり団子


球磨焼酎、日本酒(美少年とか瑞鷹とかの銘柄がある)の名産


あとは、八代海の魚とかもおいしいです。


熊本のことなど、上で述べたことは、ほんの一端に過ぎません。素晴らしい、所です。年をとったら、移住するか、移住しないまでも別荘でもつくって、長期滞在したいです。なんといっても、皇后陛下のご所望を実現してしまうという、優しい心根と機転の効く県民性が素晴らしいです!

私は、そう思います。皆さんは、どう思われますか?

天皇陛下万歳\(◎o◎)/! 熊本万歳\(^o^)/

【関連記事】

「真実に生きられる社会に」 陛下、水俣で異例のお言葉―【私の論評】敬語も満足に遣わず、掲載場所もわきまえず天皇、皇后両陛下を貶める朝敵朝日新聞の暴挙許すまじ!!

派遣切りは大変革前の序曲に過ぎない-本当の大変革の時は天皇家が動く?

NHKスペシャル/シリーズ JAPANデビュー"天皇と憲法"―NHkまた酷い偏向報道!!

派遣切りは大変革前の序曲に過ぎない-本当の大変革の時は天皇家が動く?

【主張】外国人参政権 争点隠しはフェアでない―本当の意味で過去の歴史を見直すべきとき!!

【関連図書】

昭和天皇独白録 (文春文庫)
昭和天皇独白録 (文春文庫)
posted with amazlet at 13.10.29
寺崎 英成 マリコ・テラサキ・ミラー
文藝春秋
売り上げランキング: 8,885


歴代天皇事典 (PHP文庫)
歴代天皇事典 (PHP文庫)
posted with amazlet at 13.10.29

PHP研究所
売り上げランキング: 146,740

皇室 Our Imperial Family 第60号 (扶桑社ムック)

扶桑社 (2013-10-25)
売り上げランキング: 36,874

2013年10月29日火曜日

「真実に生きられる社会に」 陛下、水俣で異例のお言葉―【私の論評】敬語も満足に遣わず、掲載場所もわきまえず天皇、皇后両陛下を貶める朝敵朝日新聞の暴挙許すまじ!!

「真実に生きられる社会に」 陛下、水俣で異例のお言葉

沖縄をご訪問された天皇陛下(左)

【島康彦】熊本県を訪問中の天皇、皇后両陛下は27日、水俣市を初めて訪れ、水俣病患者たちと懇談した。患者の多くが差別を恐れて病気を隠してきた実態を聞いた天皇陛下は、「真実に生きることができる社会をみんなで作っていきたいと改めて思いました」と、約1分間にわたって思いを語った

発言は予定外。事前に「お言葉」が用意された行事以外で、天皇陛下がこのように時間をかけて思いを口にするのは異例だ

天皇陛下が自らの思いを語ったのは、患者で「語り部の会」会長の緒方正実さん(55)の体験を市立水俣病資料館で聞いた直後。38歳まで水俣病の認定申請を避けてきたという緒方さんに対して、天皇陛下は患者一人ひとりを見渡すようにして、「本当にお気持ち、察するに余りあると思っています」「様々な思いを込めて、この年まで過ごしていらしたことに深く思いを致しています」「今後の日本が、自分が正しくあることができる社会になっていく、そうなればと思っています」とゆっくりと語りかけた

両陛下は患者や家族たちに歩み寄り、「お体はいかがですか」「色々な思いがおありでしょうね」と声をかけた。自身も患者で、夫と子供を水俣病で亡くしたという上野エイ子さん(85)は「生きてて良かったと思いました」と話した

宮内庁によると、両陛下の意向で、胎児性水俣病患者2人と面会する機会も別に設けられたという。

水俣をご訪問された天皇皇后両陛下

水俣病慰霊の碑の前では、両陛下が白菊の花束をたむけ、一礼した。天皇陛下は「二度とこの悲劇は繰り返しません」と書かれた碑をじっと見つめ、最後に再び頭を下げた

■患者への発言全文
 天皇陛下が27日、熊本県水俣市の市立水俣病資料館で、水俣病患者や家族らを前に思いを語った。詳細は以下の通り。 
 本当にお気持ち、察するに余りあると思っています。やはり真実に生きるということができる社会をみんなで作っていきたいものだと改めて思いました。
本当に様々な思いを込めて、この年まで過ごしていらしたということに深く思いを致しています。 
 今後の日本が、自分が正しくあることができる社会になっていく、そうなればと思っています。みながその方に向かって進んでいけることを願っています。
上記、太文字は、すべてブログ管理人が付加。

【私の論評】敬語も満足に遣わず、掲載場所もわきまえず天皇、皇后両陛下を貶める朝敵朝日新聞の暴挙許すまじ!!

天皇皇后両陛下が、水俣訪問されたこと自体はさほど大きなニュースではないのですが、このご訪問中に天皇陛下が、事前に「お言葉」が用意された行事以外で、このように時間をかけて思いを口にするのは異例のことであり、大きなニュースです。



天皇陛下が、東日本大震災が発生してから数日後に、ビデオで被災者のかたがたに語られたこと(上動画)がありました。これも大ニュースだったと思います。陛下がこのようになされたことには、格別の意味があります。それだけ、日本の重大事であり、国民の安寧を願った陛下のお言葉でした。このような大きな国難だからこそ、陛下がビデオを発せられるなどという異例なことが行われたのです。

日本では、古から平素はあまり表に出てこないものが、本当に国難があったときには皇室が表に出てくるという趣旨の内容の記事をこのブログに書いたことがありますが、まさしく、このビデオはその良い事例となりました。
中国・習近平副主席と天皇陛下の会見が各所で波紋を呼ぶ-国難が迫ったときには必ず天皇制が表に出てくる!!
詳細は、この記事をご覧になってください。この記事では、古から朝廷は、平素はあまり表に出てこないのですが、日本国が本当に国難にあったときには、皇室がなんらかの形で表に出てくるという趣旨のことを掲載しました。

それはさておき、過去の歴史を振り返って見てください。平素は皇室とは全く関係なく動いているようにみえる、為政者が、権力が衰え、次の為政者に変わるときなど、日本では皇室を御旗にたてて、政権交代しました。たとえば、江戸幕府が崩壊して、明治政権に変るときも、天皇陛下が御旗として立てられました。大東亜戦争の終了の御詔勅も昭和の天皇陛下が出されたものです。そうでなければ、終戦をすることはできず、ポツダム宣言を受け入れ条件付終戦すら受け入れることすらできませんでした。今後も、もし日本が本当の国難にあった場合、皇室はなんらかの形で表に出てくるものと推察します。

第二次安倍内閣親任式
政権が自民から民主へ、民主から自民へ変ったなどということは、本当の国難ではないので、そのようなことはなかったのだと思います。ただし、政権交代したときの大臣などの任命は今でも陛下が執り行いますし、国会の初日には陛下が挨拶をなされることが慣例となっています。

もともと、日本という国の国柄はそうしたもので、マスコミなども、本来は御皇室の動きに敏感であらねばなりません。そうでなければ、日本の国の本当の姿は見えなくなります。

新年祝賀の儀で衆参両院議長ら参列者にご挨拶された
天皇、皇后両陛下と、皇太子さま、秋篠宮さま、常陸宮さま
そうした趣旨では、今回の水俣でのご発言も、異例であり、本来は大ニュースになるべき筋のものです。このお言葉は、陛下が規範として日本が「真実とともに生きられる社会」目指すべきとした考えをお示しになったということで、重大です。

23年前、水俣病患者の補償実現のために奔走し、天皇陛下への「請願」を考えていた人物がいました。墨書の請願書が日の目を見ることはありませんでした。陛下が面談された水俣病の患者・家族の中にはこの請願書を書いた方の息子さんも含まれていたそうです。請願書の行方は分からなくなっているそうですが、その写しが残されています。

請願を書いたのは、患者団体「チッソ水俣病患者連盟」委員長で水俣市議も務めた川本輝夫氏でした。国の基準では水俣病と認められない未認定患者の救済に生涯をかけ、1999年に67歳で死去されました。写しは、川本氏のブレーンだった元労働団体役員の志垣襄介さん(68)が保管していました。

川本輝夫氏が書いたとされる請願書の写し
テレビ報道では、陛下と懇談された「語り部の会」会長の緒方正実氏は、インタビューに答えて「本日は歴史の転換点になったと信じる」と語っていました。この緒方氏の言葉は、こうした川本氏のことも含めた陛下の特別な御高配に応えたものだと思います。テレビでは、この請願書のことまでは報道していなかったので、様々なニュースソースをたどって、はじめて、この会長さんの言葉の真意を理解することができました。

水俣病に限らず、今の日本社会は「真実に生きる」ことができるでしょうか。たとえば、来年の4月からの増税はどう考えても、「真実に生きる」という考え方からは、逸脱しています。今はデフレの真っ只中です。多くの民が苦しんでいます。こんなときに思い出すのが、仁徳天皇の故事です。これは、昔は誰でも知っていたことなのですが、今は知らない人も多いので以下に掲載します。


 ある日、天皇は高津の高殿から民のかまどを眺められた。しかし、かまどからは炊煙が昇っていなかった。民が疲弊して火を焚き炊事して食べる食糧がなかったのだ。そこで、天皇は、三年間、租税を免除した。 
 三年後、天皇は再び高殿から民のかまどを眺められた。 
炊煙が上がっていた。天皇は喜び、我れ豊かになったと言われた。 
 皇后が不思議に思って天皇に尋ねた。 
「今の貴方は、破れた衣を着ておられ、雨や風が入る壊れた家に住んでおられる。それで、どうして豊かになったと喜ばれるのですか」 
 天皇は、答えられた。「民が豊かになれば、即ち、私も豊かになるのだ」
現在のデフレの状況は、まさしくこの故事でいうところの、「民のかまどから炊煙が昇っていない状態」です。こんな状況での増税は間違っています。仁徳天皇の知恵は、今の時代にも生きています、マクロ経済学では、不景気、ましてやデフレのときには、増税しろなどとは教えません。減税しろと教えています。日本には、このような古の為政者の規範としての仁徳天皇の知恵が残されているのに、この知恵が全く活用されていません。

韓国などが、騒ぐ慰安婦問題に関しても、日本の軍隊が強要したという事実はありません。しかし、マスコミなどは、これを喧伝して、信じ込んでしまう人も多いです。

今の日本は、水俣病が発生した頃の日本と同じく、残念ながら「真実に生きる」という考えが成り立っていません。ただし、水俣病の認定など進んだ部分もあります。この残念な状況に対する戒めとて天皇陛下は、「真実に生きられる社会」を目指すべきと語られたのだと私は思います。

それにしても、上の記事どう思われるでしょうか?まずは、出だしの天皇、皇后両陛下(中には天皇、皇后さまなどとしている新聞記事もある)は良いにしても、その後の言葉遣いは酷いです。これでは、日本に古からある、敬語、謙譲語がまるでなっていないです。新聞は言葉遣いでも正しい遣い方の模範になるべきです。

私は、尊敬語、謙譲語などあまり遣わないほうですが、それにしても、上の記事の太文字にしたところは、酷いです。以下に訂正案など掲載しておきます。

訪れ→ご訪問され、懇談した→懇談された、語った→語られた、口にするのは異例だ→語られたのは異例のことです、語りかけた→語りかけられた、話した→話された、見つめ、最後に再び頭を下げた→見つめられた、最後に再び頭を下げられた。

もっと、丁寧にすることもできるでしょうが、最低限このくらいはしないと、日本国の最高権威であらせられる、陛下に対して無礼です。朝日新聞の記者であれば、プロですから、本来このくらいのことはできる能力はあるはずです。これは、意図的にそうはしなかったということです。これでは、まるで、天皇陛下が一般人のような扱いです。このような扱いは、断じて許すことはできません。

さらに、上の朝日新聞電子版そのようなことは、わかりませんが、中国問題の評論家として有名な、石平氏は、以下のようにツイートされていました。
石平氏は、このツイートの後で、さらに「自分が見たのは、関西版、関東版ではどうだったのか確認はしていない」という意味のツイートをされていました。それしても、

陛下水俣訪問の記事は第一面には出さなくても、
反日的な内容なら、虚偽でも第一面に掲載する朝日新聞

それにしても、関西版で35面に掲載されたということですから、関東版でも、1面などの掲載されるなどということはあり得ないでしょう。

天皇陛下専用のお召し列車

それにしても、日本という国の国柄である、天皇を頂点とする日本国の国体は、結局アメリカも崩すことができず、戦前・戦中・戦後も継続しています。現在、世界には二十九の君主国が存在します。それら君主国の中で最も古い歴史を持つのが日本の皇室です。千年以上にわたってその血統を連綿と受け継いできた皇室は、世界に類を見ません。

また現存する君主国の中で最も人口が多い国は日本です。君主国・世界第二位の規模をもつイギリスの人口が六千万人前後ですから、日本は人口規模で比較しても断トツに大きい君主国といえるでしょう。つまり日本の天皇家は、世界で最も古い歴史を持ち、かつ世界最大の君主国の皇室ということです。

天皇皇后両陛下の沖縄訪問の際には、大提灯行列が催された

この国体は、戦争に一度くらい敗れても、政権が交代しても、来年の4月に増税したとしても、たかがTPP交渉などの貿易交渉によっても崩れることはありません。こうした、国柄である日本は、いくら反日勢力が変えようとしても、すぐに変えられるものではありません。反日勢力は、あたかも日本の国体はすっかり崩れ去ったか、崩れないまでも、かなり弱体化したかのように喧伝します。しかし、そんなことはありません。それは、あまり強固な国体を崩すことができないので、そのような作り事をのべたてているだけです。そうではないことは、私たち日本国民が一番良くわかっています。この国体は、1千年以上続きましたし、これからも続きます。

そうして、そのような試みは、国体を傷つけることはできません。ただし、小さなことはでは、影響を受けていることもあります。たとえば、婚外子の相続を認めない、民法の違法性を認めた、最高裁判決もその最たるものです。しかし、このようなことは些細なことであり、皇室を頂点とするわが国の国体に傷はつきません。なにしろ、大東亜戦争による敗戦でもびくともしなかった国体です。


にもかかわらず、朝日新聞はそれを理解せず上記のような記事を平気で、とても掲載できるような紙面ではない紙面に臆面もなく堂々と掲載しています。こういう仕業をするものを古い言葉て朝敵といいます。

石平氏の言うように、これは皇室を貶める陰湿な悪意が剥き出しの紙面づくりです。こんなことは、断じて許されることではありません。以前から、反日的であり、あまつさえ自らの国の国家元首に対して、このような非礼を働く朝敵朝日新聞の購読はやめるべきです。これが、現代の朝敵を打つという文化的な行為だと思います。

私は、そう思います。皆さんは、どう思われますか?

天皇陛下 万歳!!万歳!!万歳!!

【関連記事】

派遣切りは大変革前の序曲に過ぎない-本当の大変革の時は天皇家が動く?

NHKスペシャル/シリーズ JAPANデビュー"天皇と憲法"―NHkまた酷い偏向報道!!


派遣切りは大変革前の序曲に過ぎない-本当の大変革の時は天皇家が動く?

【主張】外国人参政権 争点隠しはフェアでない―本当の意味で過去の歴史を見直すべきとき!!

【関連図書】

昭和天皇独白録 (文春文庫)
寺崎 英成 マリコ・テラサキ・ミラー
文藝春秋
売り上げランキング: 8,885


歴代天皇事典 (PHP文庫)
歴代天皇事典 (PHP文庫)
posted with amazlet at 13.10.29

PHP研究所
売り上げランキング: 146,740


皇室 Our Imperial Family 第60号 (扶桑社ムック)

扶桑社 (2013-10-25)
売り上げランキング: 36,874

2013年10月28日月曜日

「独島」広報動画にNHK映像…しかも無断「恥さらし!」=韓国―【私の論評】個人でも理解できる盗用の意味がわからない韓国?このままでは、経済が破綻し今世紀中に李朝時代に戻る韓国\(◎o◎)/!

「独島」広報動画にNHK映像…しかも無断「恥さらし!」=韓国


韓国政府が盗用したとされる、ドラマ『坂の上の雲』の動画

韓国外務省がホームページに掲載した竹島(韓国名・独島)の広報用動画に、NHKが制作したドラマのワンシーンが無断で使用されていることが27日、分かった。動画は削除されたが、韓国メディアは「恥さらしだ」などと批判した。

無断使用されたのは、NHKが2011年に放送した「坂の上の雲」の日露戦争のシーンで、約10秒間。同省は動画を10月14日に掲載したが、NHKソウル支局からの指摘で、NHKの映像が許可なく使用されていることを把握した。

外注した制作会社は無断使用を認めたという。同省は動画をホームページから削除したが、修正した後、再び掲載するという。

動画は2012年8月に李明博(イ・ミョンバク)前大統領が竹島に上陸し、日本と領有権をめぐって対立が深まったことを受け、広報を強化する目的で制作された。制作費には政府予算6600万ウォン(約600万円)が投入された。

韓国メディアによると、同省の当局者は今回の問題について「制作会社から外務省に謝罪があり、発注元である外務省としても非常に申し訳なく思っている」と述べ、再発防止に努めることを明らかにした。

【私の論評】個人でも理解できる盗用の意味がわからない韓国?このままでは、経済が破綻し今世紀中に李朝時代に戻る韓国\(◎o◎)/!

それにしても、上の記事良く理解できないところがあります。『坂の上の雲』においては、中国の艦艇がでてきた話とか、中国人などもでてきはしますが、韓国人の登場シーンなどなかったはずです。だから、どこの部分を盗用したのか、良くわかりません。

対戦相手を挑発するような行為は日本戦だけではなく、しかもサッカーに限らず、幾多のスポーツの場面で見られる韓国の定番行為である。

それにしても、韓国外務省の広報動画にNHKの動画を盗用したというのですから、話にも何にもならないレベルで、個人レベルでもしなようなヘマをしたということでまさに、「恥さらし」という形容がぴったりです。

最初上の記事を読んだとき、ひよっとしてNHKが韓国政府に便宜を図ったのかと思ったりしましたが、そうではないということでますますわからない内容です。

NHKにはこの中国の反日プロパガンダニュースに対して、NHK製作のビデオを提供していたなどという前科があります。これについては、以前のこのブログにも掲載したことがあります。そのURLを以下に掲載します。
NHK経営委員に仰天「安倍人事」 百田尚樹、長谷川三千子氏ら「保守派論客」メンバー―【私の論評】これは日本国民から視聴料を徴収し反日放送しながら、社員の平均年収1700万円という、ど腐れNHKへの警告か?NHK解体は「戦後体制からの脱却」への一里塚\(◎o◎)/!
詳細はこの記事をご覧いただくものとして、この記事では、日本国籍の漁船が、日本国領内の尖閣付近で、漁をしているにもかかわらず、中国側の放送では、日本国籍の漁船が、中国領内の尖閣付近で、違法に漁をしているという内容を放送していますが、この放送に使われたビデオが、NHK製作によるものということです。

だから今回もNHKが韓国側にビデオを提供したのかとも思ったりしたのですが、良く読んでみると、韓国側が無断でNHKのビデオを流用していたということです。これは、本当に韓国は、恥さらしです。

まあ、前から「恥さらし」で、前大統領が「竹島」に上陸したようなお国柄ですから、テレビ局や一般市民が「恥さらし」行動をとるのも無理はないのかもしれません。

それにしても、韓国無断盗用は酷すぎます。NHKは、ご存知のように反日放送局です。韓国も反日国家です。同じ反日ですから、互いに協力しあうという発想は生まれなかったのでしょうか?

竹島が韓国の領土と主張することは、「反日」活動の一環であることは間違いありません。であれば、韓国は黙って盗用するのではなく、「反日目的」のため、NHKのドラマ番組を一部借用させてくれないかという旨をNHKに打診すれば、NHKも同じ反日同士というよしみで快く承諾してもらえたものと思います。


それしても、どっちもどっちです。そうは言っても、無断盗用した韓国のほうが、NHKよりも悪いです。日本では最低の反日NHKといえわれる、解体間近のNHKよりも悪い国家といわれてしまえば、韓国ももうおしまいです。

韓国の修学旅行生は日本に来て観光するのではなく「竹島を韓国の物」と主張しに来る。修学旅行は旅先の文化に触れる行事であって、相手を挑発しにいくものではない。


もう、日本では韓国など相手にせず、ノータッチで良いと思います。韓国の人口は6000万人程度で日本の半分です。GDPは、東京都よりも低いです。反日一色でかたまる韓国はまともに相手にしても見返りがほとんどありません。経済的にも、同義的にもなんら見返りも、何もありません。

以下は、日本の外務省が作成して、YouTubeに掲載した竹島問題が90秒で理解できる動画です。
韓国は、この動画を掲載したことに反発して海軍や海洋警察が25日、日本固有の領土、竹島(島根県隠岐の島町、韓国名・独島)で、民間人の上陸を想定した防衛訓練を行いました。国防省などがこれ明らかにしました。

駆逐艦やF16戦闘機を投入した訓練では、ヘリコプターによる海軍特殊部隊の上陸も行われましたた。

韓国国防省は、定期的な訓練だとしていますが、当初非公開の予定だった訓練は「いかなる状況においても独島を確固として守る韓国軍の意思を示すため」(国防省)公開されましたた。

竹島の領有権を主張する動画を、日本政府が公開したことに対抗した措置とみられます。

以下は、尖閣問題が90秒で理解できる動画です。
http://goo.gl/0cs3Pz
韓国は、竹島を盗み取ったのであり、中国は尖閣諸島を盗みとろうとしているのです。

これら、両国は反日的であることがはっきりしています。今後は一切ノータッチで、やり過ごすべきです。これらの国々には、日本としても一切金は遣わぬようにして、遣うならその分親日的なアセアン諸国に遣ってともに栄える道を選ぶべきです。中国や、韓国に金を遣っても、自分たちが栄えることばかり考え、日本はないがしろにされるだけです。

そうして、韓国・中国はアジアの孤立国家となり、社会変革も遅れて、経済的にも遅れ、後50年もすれば、第二次世界大戦前のそれに戻ることになります。日本と中国・韓国・北朝鮮以外の国々は、今世紀の末に向かいますます大繁栄することになるでしょう。




以上は、李朝時代の韓国。韓国今のままでは、今世紀末には、この時代に戻ることになります。日本の植民地時代を経て、大東亜戦争後の大繁栄し、いい気になって反日活動をしてあげく、このような時代に舞い戻り、その頃韓国の老人は繁栄の時代を懐かしむことになります。

私は、そう思います。皆さんは、どう思われますか?

【関連記事】

韓国の国内銀行、深刻な破綻リスク リーマン・ショック以上の危機―【私の論評】アメリカ、韓国からの刈り取り終了か?韓国もう終わりました!かなり危ない韓国の大手銀行のお寒い実体(゚д゚)!

【断末魔の韓国経済】韓国経済、断末魔の局面に 不動産バブル崩壊が家計を直撃―【私の論評】衣食足りて礼節を知るという諺どおり、韓国は足りていない、ますます足りなくなる!!最近の韓国の傍若無人な振る舞いは、その前兆である!!

本当に危ない韓国経済 財閥・中国頼み 成長率15年ぶり日本が再逆転も ―【私の論評】本当は、アジア通貨危機後のアメリカ経済植民地化で終わっていた韓国経済、日銀のデフレ・円高政策によって救われていただけ(゚д゚)!

【朝日新聞】「韓国人が日本人を辱めている」中山成彬・維新衆院議員―【私の論評】自虐的歴史観を吹聴した朝日新聞許すまじ(゚д゚)!しかし、最も悪いのは恥知らずの韓国だ!!

韓国「日本外し」外交会議、米中にのみ出席打診―【私の論評】米国経済植民地韓国は、本格的に米中の植民地になり下がるか?黙って放置しても日本に失うものは何もない(゚д゚)!

【関連記事】

いよいよ、韓国経済が崩壊するこれだけの理由 (WAC BOOK)
三橋 貴明
ワック
売り上げランキング: 1,029

サムスン栄えて不幸になる韓国経済
三橋 貴明
青春出版社
売り上げランキング: 6,889


グローバル経済に殺される韓国 打ち勝つ日本
三橋貴明
徳間書店
売り上げランキング: 18,590

「イヴァンカ基金」報道でわかるマスコミの呆れた経済リテラシー―【私の論評】テレビに国際・経済報道を期待でないわけ?

「イヴァンカ基金」報道でわかるマスコミの呆れた経済リテラシー イヴァンカ・トランプ氏 そもそも「イヴァンカ基金」ではない トランプ大統領の長女で大統領補佐官を務めるイヴァンカ・トランプ氏が来日し、連日動向がメディアで取り上げられた。そのなかで物議を醸した...